三毛猫如月の玉手箱

海外ドラマ(アメドラ)と愛猫と愛娘と。私の好きなものを語るブログです。ネタバレありのレビュー中心!

猫好きは猫好きを呼ぶ・・のかな?!

ドイツ村5
昨日、春休みに入った娘と久しぶりに親子でお出かけをして来ました(夫はやむを得ぬ事情により、ドタキャン)。
昨年の謎の”ぎっくり首”でのダウン以来、長距離の運転にちょっと自信がなくなった状態のため、今回は日帰りバスツアーで房総半島へ。
二人で楽しみにしていたのですが、無情にも天気予報は晴れから曇りへ、そしてとうとう雨へと変わり、予想気温も急降下💦迎えた当日は朝から真冬のような寒さ(気温8度)の雨、となってしまったのでした。
そんなわけで、どこへ行ってもいまいち盛り上がらず、ただひたすら寒い寒い濡れる濡れると言いながらの観光となってしまい・・・ようやく夕刻、ツアー目玉の東京ドイツ村へ。
やっぱり雨。
目的のイルミネーション点灯まではあと1時間もある。ところがドイツ村は一体どこがドイツ村?・・・と言葉を失うような寂しさ・・雨の降る夕暮れ時、人も少なく建物も古く、娘が「ゴーストタウン・・」と一言呟く💦

防寒目的で入った体験工房。
実は私はこういった工芸が大好き。あちこちで陶芸、染色、織物、絵付け、など見るたびにやりたがる相手にとってはありがたい人(笑)時間もあまっているし、と今日もまた、娘と木工工芸にチャレンジすることにしました。
様々な形に切り抜かれた木の板を選び、1ピース○○円で用意されたアルファベットやひらがな、漢字、多種多様な模様の木のピースを貼りつけて、上からマーカーで色を付けニスをかける。
二人であれこれ言いながらピースを選び、猫は外せない、と猫の形のピースを中心に、トイレ用のボードを作ることにしました。
ドイツ村1
娘の手元を見てすーっと近寄ってきた工房のお兄さん。
「ネコ、好きなんですか?」
から始まったネコ談義。お兄さんも3歳のロシアンブルーの飼い主と判明。我が家のネコが三毛猫と知ると、
「写真を見せてくれれば、僕も猫の色付けをしたいなあ・・・!」と言いだし、ならば、とチイ様の写真を見せると、お兄さんは他にお客がいないのをいいことに座り込んで娘と二人で意見を交わしながら色付けに熱中し始める(^-^;
するとさらに、隣の革細工の工房にいた白髪ロン毛のちょっと強面おじいさんが近寄って来て
「うちのネコは19歳。名前はなぜか”ワン”さん」と目を細めて話だし・・笑うと強面がどこへやら、目じりを下げて「にゃんなのにワン」とおどけた後に、ワンさんが人生最後のネコ、としんみりしたり。
私たちの前に作品を作って、それを引き取りにきた4人家族も猫の飼い主でした。
「ネコ好きはネコ好きを呼ぶんですよ」とみんなで意見が一致。(たぶん、犬好きも犬好きを呼んでますけどね~(^-^;)
工程は20分程度のはずが、1時間近くものんびりと暖まりながらわいわいとネコ談義と自慢話に花が咲く、とても楽しい、寒さ吹き飛ぶ時間を過ごさせてもらう結果となりました。
出来上がった作品がトップの写真。ちゃんとチイ様になってるでしょ?(笑)
楽しかった思い出と共に、今日から我が家のトイレのドアで揺れています。

そうそう肝心のドイツ村はといえば、こんな感じ。
ドイツ村2

ドイツ村3

ドイツ村4
暗くなってから話題のイルミネーションが点灯すると別世界に。
かなり原色系のどぎついカラーではありますが・・・まあそれなりに(笑)娘は大喜びでした。
わざわざ遠方から旅費をかけて見に来るのはどうかと思いますが、お近くであれば一度は見てもいいかもしれません。天気の良い土日は混雑・渋滞覚悟で。
(ちなみにイルミは冬季シーズンのみ。3月31日にて終了です。)



スポンサーサイト
 [ 2017/03/27 11:16 ]  猫話 | TB(-) | コメント(0)
プロフィール

三毛猫如月

Author:三毛猫如月
家事と仕事の合間の息抜きは、チョコとコーヒーと海外ドラマ(アメドラ中心)。
海外ドラマ歴は?0年になる如月の、のんびり視聴日記です。時々、愛猫にまつわる猫話ものせてます。

最近はエピソードガイド中心、内容は予告なくネタバレしておりますので、ご注意!

コメントは承認制です。本文内容にまったく関係のないもの、匿名またはそれに類するHNでの投稿はご遠慮ください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR