三毛猫如月の玉手箱

海外ドラマ(アメドラ)と愛猫と愛娘と。私の好きなものを語るブログです。ネタバレありのレビュー中心!

レギオン~第2話「記憶を辿ってパート1」

レギオン1-2-1

施設を脱走したデヴィッド一行。
レギオン1-2-2
彼らを追うのは政府の謎の組織”デヴィジョン3”の黒マスクをした武装兵士と”目”(The EYE)と呼ばれるこの男。デヴィジョンは能力者を追う政府機関で、手におえない者は殺されるのだという。
メラニーはデヴィッドを”サマーランド”と呼ばれる地図にない秘密の土地に連れて行く。そこではシドニーやケリー&プトノミーを初め、多くのミュータントが密かに暮らしていた。

レギオン1-2-4
あまりに強すぎる能力に激しい混乱をきたしているデヴィッドは、彼が強力なテレパスだとわかっているメラニーによって幻聴と思っていた雑多な”声”のボリュームを落とし、彼を呼ぶ声だけに集中する技を教わる。すぐにそれを習得したデヴィッドはひとまず落ち着く。

レギオン1-2-5
続いて行われたのが記憶療法。人の記憶を自在に操れる能力の持ち主プトノミーと”話す”役割だというメラニーと共に不思議なテーブルについたデヴィッドは、能力が発動することになったきっかけを求めて記憶を遡る。それを探れば病気ではなく能力だとわかるはずだと言われ、半信半疑ながら療法に取り組む。

レギオン1-2-7
幼いデヴィッドが天文学者だった父と、母と姉のエイミーと暮らした州北部にある郊外の家の記憶を見る3人。幸せだった光景から、ベッドで顔の見えない父に絵本を読み聞かせてもらっている光景に変わると・・・
レギオン1-2-8
”怒りんぼ少年”というタイトルのその絵本の内容は、怒りんぼの少年が顔を真っ赤にして泣き出すと母親の首をチョキンとちょん切る、という凄まじい内容!
それを見ると部屋が振動し始め、次の瞬間デヴィッドは記憶療法を始めたガラスの部屋に戻っており、激しい動揺を見せて記憶療法を拒否し、プトノミーに強制的に眠らされる。

レギオン1-2-9
眠っているデヴィッドが思い出している記憶(夢?)
(髪型と服装からして)大学時代の彼はカウンセリングを受けている。
レコーダーを気にしながら彼が口にするのは別れた彼女のこと、”蒸発”という名の薬のこと。

レギオン1-2-10
カウンセリングを受けていた病院(?)を出ると、そこに待っていたのはレニー。
彼女と彼女が盗んできたオーブンと共に移動し始めると、デヴィッドの名を呼ぶ声が。

レギオン1-2-11
目覚めると自分を見下ろすプトノミーが。記憶を操れる彼はすべてを覚えているのだと語る。母親の子宮の中にいた時から出産の時の記憶まで。彼は”怒りんぼ少年”のことを話せ、とデヴィッドに求めるが、デヴィッドは話したくない、よく覚えていないんだ、と答えられない。

レギオン1-2-12
その夜、シドニーはデヴィッドに入れ替わった時のことを話す。大勢の声が聞こえたこと、光、そして黄色い目の風船のような男・・レニーを殺したのかもしれないこと。
デヴィッドを迎えに来たつもりのメラニーたちの前で、元の姿に戻ったこと。
デヴィッドはシドニーへの気持ちがおさえられないが、触れ合うことはできない。心でロマンスを味わう二人。

レギオン1-2-13
デヴィッドはMRIを受けることになった。記憶の在処を探すのだという。
愛する人を思い浮かべてくれ、と言われて目を閉じたデヴィッドが思い浮かべたのは姉のエイミー。
レギオン1-2-14レギオン1-2-19
ところが突然レニーが登場して二人で麻薬を吸ってハイになって倒れこみ、横を見やるとそこには黄色い目をした風船悪魔が!
そこに登場するメラニー、プトノミー、デヴィッドの3人。床を見ると倒れているのはデヴィッドとレニー。黄色い目の悪魔はいない。
カウンセリング中も、彼女のフィリーが出て行った日の記憶はなぜかスキップされる。何か隠していると気づいたプトノミーが正しい記憶の場所に飛ぼうとしても、デヴィッドの力が強すぎてできない事態に。
ここでまたデヴィッドはMRIの中に戻る(MRIで検査されながら、その後続いた記憶療法を思い出していたらしい)
今度は恐ろしいものを思い浮かべて、と言われて目を閉じると、再びカウンセリングルーム。少しだけ隙間の開いたクローゼットが妙に気になる・・・。
ところが、自分を呼ぶ声がし始めて・・・。
デヴィッドは惨事の起きた精神病院で自分の行方を捜す姉の姿を見る。デヴィッドの記録は抹消され存在した痕跡がない、食い下がるエイミーは逆に精神病を疑われて引き下がるしかない。
レギオン1-2-16
しかも、その姉に迫るのは”目”の男。
レギオン1-2-17
姉の危機にパニックを起こしたデヴィッドは、MRIの機械だけを屋外へ瞬間移動させて放り出し、自分は床に座り込んだ状態で我に返る。
レギオン1-2-18
姉を助けに行こうとするデビッドを、シドニーは”彼女はあなたを誘い出すための餌。餌は殺されない”と引き留める。(続く)

***
今回も時系列が入り組んでました。デヴィッドが今現在どこにいるのか、を掴まないとわけがわからない💦今回は前半は記憶療法を初めて受けたガラスの箱部屋、後半はMRIの中、で、それ以外の描写は直近も過去も含めてすべてデヴィッドの記憶らしい。そこに記憶療法中のメラニーとプトノミーが出入りするし、デビッド自身記憶の混乱があるから・・・彼と共に頭ぐるぐるする感覚が(笑)
でも一つだけ今回はっきりしたのは、どうやらデヴィッドがどうしても隠したいのはあの黄色い目の風船悪魔(勝手に命名してるけど💦)らしく、あれが出てくるシーンになると記憶がスキップされるか誤魔化される。うーん、この風船悪魔がデヴィッドの中に眠るレギオンなのかなあ・・?あまり良い存在とは思えませんが・・・。
怖いのは”怒りんぼ少年”。
これがデヴィッドのことならば、母の首をちょん切った・・・・?!!(のはレギオン?!)という怖い想像がわいてくる~~~。シドニーとの”心のロマンス”はあんなにもピュアなのに。
父さんは顔が見えませんでしたが、プロフェッサーだったのでしょうか・・・あんな絵本読むとは思えないので、これはデヴィッドの記憶がすり替えられているのかな??
あれこれ考えてもそう簡単に予測させるとは思えないので、外れると後々赤面する羽目になからやめておいて、次週の続きを待ちましょう。何か少しはわかるかなあ・・・。(レニーも謎の登場の仕方をしますが、彼女もデヴィッドの別人格なのかな・・?という気がしてきました)
”蒸発”という名前の薬、麻薬の煙を吐き出すカエル、オーブン・・・何かの暗示なのかもしれないけれど、意味不明のアイテムも多いですよね・・・。
彼を呼ぶ”声”も謎。初回見た時は母の声なのかと思ったのですが、違いました。その時々で女性の声だったり男性の声だったり。これはその場面場面でデヴィッドを正気に戻すべく彼を呼んでいる人物の声(集中すべき声)なのか、それとも?
しかし、MRIを丸ごと瞬間移動させるとか!エイミーの危機を察知するとか!記憶を操るプトノミーをブロックするとか!途中、メラニーやシドニーの言葉にしていない声もはっきり聞いてましたし・・デヴィッドに眠る力ってどれだけ凄いの・・!(入れ替わった時、シドニーはその力の凄まじさを垣間見て戸惑い、暴走しちゃったのですね)
彼にそれが操れるんだろうか。考えただけでもワクワクします~~~(*''ω''*)
次週以降が楽しみだ♪

スポンサーサイト
 [ 2017/02/19 00:00 ]  レギオン | TB(-) | コメント(0)
プロフィール

三毛猫如月

Author:三毛猫如月
家事と仕事の合間の息抜きは、チョコとコーヒーと海外ドラマ(アメドラ中心)。
海外ドラマ歴は?0年になる如月の、のんびり視聴日記です。時々、愛猫にまつわる猫話ものせてます。

最近はエピソードガイド中心、内容は予告なくネタバレしておりますので、ご注意!

コメントは承認制です。本文内容にまったく関係のないもの、匿名またはそれに類するHNでの投稿はご遠慮ください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR